« 対談 | トップページ | 新曲ー! »

本音と建前

街のあちらこちらでお囃子の音や掛け声が聞こえてくる。

夏祭りの季節到来だ。

地域の方たちが子供たちのためにいろんなイベントを開催してくださるのはとてもありがたい。

特にここは育成会も活動が活発で、学校との連携も強く、そのおかげで子供が巻き込まれる事件もない。

今は、登下校の際に校門に立ってくれるし(下校はPTAの担当だけど)。

行事だって企画や話し合いに集まったり、買出しなどの下準備まで忙しい合間を縫って動いてくれている。

隣が誰なのかもわからない街に住むよりずっと住みやすい。

ホントにありがたいです。ありがとうございますm(_ _)m

と、ここまでが建前です。

ここからが本音。

わが町でも毎年自治会が主催して夏祭りが行なわれている。

小学生がいる家庭は強制的に子供会に所属するので、当然お手伝いもまわってくる。

今年は去年より仕事が多い。

いままで焼きそば用のキャベツ切りとかバケツ洗いとかなかったんだけど。

ご年配の方々もメンバーが年々減ってきてるのかなぁ。

子育てや仕事に忙しい若い世代にはちょっとめんどくさい感もあるのだ。

何も行事がないのもサビシイけれど、ありすぎても重いのだ。

自治会によっては、年配の方は今までの豊富な経験からくる自信のせいで頑固な面もあり、私たち若い新顔の意見など一蹴され、ヘタに意見すると逆に怒られることもあるらしい。

今の子供たちは何を考えているのか、何が流行ってるのか、どんな経験をしたいのか、それをよく知ってるのは親たちだ。

行事を企画しても肝心の子供たちの参加者が少なかったり、楽しめなかったりしたら本末転倒だ。

行事を見直すということもたまには必要だよな。

生意気なこと書いた。反省……

|

« 対談 | トップページ | 新曲ー! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100074/4810292

この記事へのトラックバック一覧です: 本音と建前:

« 対談 | トップページ | 新曲ー! »